大学キャンパス内部での禁止事項とは

大学キャンパスでの禁止事項とは、特に危険な行為についてです。例としては

  1. 学内での危険な行為
  2. 大学の品位を落とす行為
  3. 大学内部での反社会的行為
  4. 大学構内指定場所以外での喫煙行為

などがあります。大学キャンパスはみなが利用するものであり、他人に危害を加えたり、危険性の及ぶ行為は禁止されます。

例えばですが、キャンパス内部で横断幕や看板を掲示するときにも許可が必要になります。これは その行為が大学キャンパス内部の秩序を乱さないかどうかということを事前に確認して、それについての許可を判断するためです。

もし危険性や学内の規則に違反する恐れがあれば、この許可は下りませんし、その恐れがなければキャンパス内部での活動が許可されます。

ここで覚えておいて欲しいことは、みなさんが利用するキャンパスですから、みなさんが気持ちよく使えるように工夫をしましょうということです。